梅の花

posted in: 未分類 | 1

気がつけば、辺り一面春の装い
川沿いを犬養の滝のほうに歩いて行くと
白い梅の花が 満開花
 
  
梅の花を見ると「梅の一生」という歌を思い出す。
花から実になり、実から梅干しとなるその歌は>二月三月花ざかり 楽しい時も夢のうち
鶯鳴いた春に日の 五月六月実がなれば
塩に浸かって辛くなり、紫蘇に染まって赤くなり
三日三晩の土用干し
思えば辛いことばかり しわがよっても若い気で
これも世のため人のため 小さい君らの仲間入り
運動会にもついてゆく 無くてはならないこの私・・・

このような内容の歌ですが、梅も人も一生懸命に生きて
人の役に立ち誇り高く最後まで生きていく花
梅の花のように生きていけるかな~!
暖かな日差しにつつまれて 空を見上げることでした楽しい

One Response

  1. ミッキー

    梅の花が咲いたのですね。
    温泉を時々利用させていただいています。
    最近は少しご無沙汰です。
    もう、梅の花は終わりかけでしょうが、妙見の四季がとても好きです。
    また、これからちょくちょく寄らせていただきます。
    このブログは誰が書いておられるのでしょうか。とても素敵なブログだと思います。

Leave a Reply