湯治場

posted in: 未分類 | 0

ご存知のとおり ここは「湯治場」温泉
妙見の田んぼに湧き出ていた温泉を見つけたのが、田島のご先祖様。
そして、この地に湯治宿を開設した。当時、まだまだ医療の発達していなかったころは温泉がキズや腰痛や身体の痛
みを和らげてくれる手段であった。
この温泉は神経痛に効く、あそこの温泉は目に効く、ここのはキズに効くそうだと言って人々は農閑期や休暇を利用
して湯治という名の治療に来ていた。そしてまた、湯治とは「リゾート」の原点でもあった。
この田島本館の神経痛のお湯は「神の湯」として人々がまことしやかに伝え合った温泉だ。
お正月の放送から、神経痛やリウマチに悩む人が多く訪れてくれる。
みなさんが「神経痛に効くと聞きました」といわれる。こんなにも痛みに悩んでおられる方がいらっしゃるんだ…
と改めて思い知らされました。
「完全に効く」とは言わない。しかし、みなさん笑顔で帰られる。「また来ますね。」「すごいお湯だね。」
という声だけは伝えられます。
現代医学の発展とは逆行の昔ながらの温泉治療はあなたにとっていかがでしょうか?
計り知れないものがここにはあるのかもしれません。
ここに来るお客様の笑顔がすべてを語ってくれているのかもしれません。
   

Leave a Reply