火とはなんぞや?

posted in: 囲炉裏×× | 0

毎日囲炉裏の火を見ていたら、火ってなんだろうと
思って来る…物体ではないし気体ってわけでもない
考えれば考えるほど謎の火…ひらめき
自分の化学知識では…火も酸化現象(金属が錆びるような事)の
一部ひらめき
火がつくには…物質・酸素・火源が必要…
(つまり灰をかぶせるのは酸素を断つ=火がつかない!
このくらいなのです悲しい
よくよく調べてみたら見る
木材の場合、木材を構成する一部が分解し可燃性の気体が生じ
燃焼し炎を生じるひらめき
火とは煙が熱と光を持った気体の示す一つの姿で気体が
イオン化してプラズマを発生している…
難しい言葉が並んでましたが、ここまで研究されてるとは
驚愕ですびっくり
毎日ごく普通に木を燃やし火をみていますが、まさか
目の前でプラズマ現象がびっくり
たかが火、されど火ですひらめき

ちなみに…人類がいつ頃から火の存在を知り、火を使い始めたか
はっきり分かってないようですびっくり
初めて火を見た人はどんな気持ちだったのだろうか…
触ってヤケドしなかったのかな…
トリとタマゴ、どっちが先?論争みたいに
一人考えるのもロマンですなぁ(*^_^*)ラブ

Leave a Reply