「炭酸泉」

posted in: 未分類 | 0

 最近、「ここにも気泡のつく温泉があるって知らなかった!! 」という声
を聞きます。炭酸泉でしょ?って。
その謎がやっと解けましたよ。TVの「たけしの家庭の医学」で温泉の番組
があったようですね。内容は・・・
 九州・大分県の山間部にある長湯温泉は、動脈硬化を予防する効果があると言われています。
長湯温泉の最大の特徴は“身体につく気泡”。
これはこの温泉が、地中にたまった二酸化炭素、いわゆる炭酸ガスが地層の圧力により、水に溶けこんでできた「炭酸泉」であるため。一般的に炭酸濃度が250ppmを超えると「炭酸泉」と呼ばれますが、長湯はなんと1000ppmを超える温泉がいくつもある世界屈指の炭酸泉なのです。
現地にある伊藤病院では、長湯温泉のの炭酸泉を院内に引き、その効果を利用した温泉療法プログラムを実践。理事長の伊藤先生は炭酸泉に繰り返し入ることで、血管の弾力性が増し、動脈硬化の予防につながると言います。
番組では、3名の女性に長湯温泉の炭酸泉と普通のお湯に交互に入ってもらい、血管の状態を比較。その結果、炭酸泉に入った場合の血流量は、入浴前の7倍にも増加していることがわかりました。
なぜ炭酸泉だと、これほど血流量が良くなるのでしょうか?
そもそも人間は、呼吸によって取り込んだ酸素を血管を通して全身に送っています。この酸素が使われた時、残りカスとして二酸化炭素が発生。再び血管を通って排出されます。二酸化炭素が多く含まれた炭酸泉に入ると、お湯に溶け込んだ二酸化炭素は、皮膚の表面から体内に取り込まれ、血管内に入り込みます。その結果、血管内の二酸化炭素量が増えてしまうため、速く排出できるよう、血管を拡張させる物質が周りの細胞から出されます。こうして血管が拡張、血流量も増えると考えられるのです。
さらに実験の結果、血流量が増えることで、体温も上昇することも明らかに!
炭酸の効果で血管が拡張すると、体中に熱が運ばれやすくなり、その結果、体温が上がります。すると今度は身体がその熱を放出しようとし、より一層血管が拡張します。つまり、血管拡張の相乗効果が得られるのです。
というもの。なるほど~それでみんな「炭酸泉」にこだわるんだわ。
いつも、「神経痛のお湯」が脚光を浴びるのに、ここ数日は「傷湯」が人気
です。  頑張れ!! 傷湯!!温泉
ぬるめのお湯で柔らかい感触です。隣の胃腸湯はちょっと熱めで硬い感じの
お湯です。3つの泉質の違いがわかるかな~??♪わかんね~だろうな~♪
(古くてごめんなさい汗

Leave a Reply