2008_0328_164427-CIMG0801

霧島市牧園町にあります妙見温泉「湯治の宿 田島本館」

創始者、田島十郎次が約100年以上前に湯冶場として開業しました。

自炊施設もあり湯治場のほのぼのとした雰囲気が現在も息づいています。

 

≪3種類の温泉を愉しむ≫

「神経痛湯」 は神の湯と呼ばれ、神経痛やリウマチ、肩こりや筋肉痛の痛みも和らげると評判です。

川沿いにある温泉の一つ「キズ湯」は茶色の湯の華が浮かび39度と温めのお湯で細かい泡が体についてきます。湯上りは化粧水もいらないくらいしっとりします。キズ湯の隣に43度と熱めの温泉は「胃腸湯」。

体調に合わせてそれぞれの効能を愉しむことができます。

静かな山里に囲まれ何もないシンプルな生活の中で、自分自身の健康回復と人間の持つ「五感」を取り戻しましょう。

 

 

田島本館インスタグラム

 

 

最新の投稿